表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中








クサコアカソ     イラクサ科  Boehmeria tricuspis var. unicuspis
性状:多年草
自生地:北海道〜九州
特徴など:やや湿った場所に自生する多年草。アカソに似ているが葉の先端が裂けずに尖ることで違うようだ。(写真:国内)

(6月撮影:箱根・仙石原)

(6月撮影:箱根・仙石原)

(6月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(8月撮影:山梨)

(8月撮影:山梨)


ラセイタソウ     イラクサ科  Boehmeria biloba
性状:常緑多年草
自生地:北海道南部〜本州
特徴など:岩の割れ目などから芽が出て育っていました。海岸沿いで潮風も当たる場所なのでかなり丈夫に思えます。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)


ヤブマオ     イラクサ科  Boehmeria longispica
性状:多年草
自生地:北海道〜九州
特徴など:山地に見られるイラクサの仲間。(写真:国内)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:国内)

(5月撮影:千葉県)

(4月撮影:島根県)


モクマオ     イラクサ科  Boehmeria densiflora
別名:ヤナギヤブマオ、ヤナギバモクマオ
性状:常緑低木
原産地:日本(鹿児島南部〜沖縄など)、台湾〜フィリピン
特徴など:穂が赤くてベニヒモノキにも見えてしまいます。山地などの道際など開けてる場所に見られるようです。モクマオもモクマオウという樹木があるのでヤナギヤブマオのほうが呼びやすいかも・・・。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(3月撮影:台湾)

(3月撮影:台湾)

(3月撮影:台湾)

(3月撮影:台湾)

(3月撮影:台湾)


アオカラムシ     イラクサ科  Boehmeria nivea var. concolor
性状:常緑多年草
自生地:本州〜沖縄
特徴など:道路沿いに大きく茂っていた植物です。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)


ラミー     イラクサ科  Boehmeria nivea var. tenacissima
中名・中文・台灣:青苧麻
性状:多年草
原産地:中国、熱帯アジア圏
特徴など:繊維を採るために栽培されるカラムシの変種。大きく育ち、一部の地域や国では帰化植物として定着しているところもあるようです。青くて綺麗な小さいカミキリムシでラミーカミキリっているけどこの名前からきていたんですね。(写真:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)


タイワントリアシ     イラクサ科  Boehmeria formosana
中名・中文・台灣:台灣苧麻
性状:常緑多年草
原産地:中国、台湾、日本(九州、沖縄)
特徴など:半日陰の林縁に自生していたカラムシの仲間。(写真:台湾)

(6月撮影:台湾)

(6月撮影:台湾)

TOPへ     イラクサ科(Urticaceae)