タムラソウ     キク科  Serratula coronata var. insularis
性状:多年草
自生地:本州〜九州
特徴など:アザミに似ているが別属の植物。花は晩夏から秋にかけて。タムラソウ属の雌しべは先端が二つに分かれアザミ属は分かれないそうです。写真では分かれたのは見たことが無いのですが、実際てにとって教えていただきました。うーん面白い。(写真:国内)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(4月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:山梨)

(8月撮影:山梨)

(8月撮影:山梨)

(8月撮影:山梨)

ヒメタムラソウ     キク科  Serratula coronata f. ?
性状:多年草
自生地:
特徴など:最近鉢物でも秋になると見かける背の低いタムラソウ。ただしシソ科にもヒメタムラソウがありこちらは琉球などで見られる種類です。ややこしいので、正確な名前が欲しいところです。実際には矮性種なのか?それにしても花も極端に小さいしなぁ・・・。(写真:国内)

ラベルは細葉になってました。(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

TOPへ