オヤマボクチ     雄山火口  キク科  Synurus pungens
性状:多年草
自生地:北海道西南部、本州近畿以東、四国
特徴など:草地に生える多年草で大きく育つ。箱根にも自生する。秋はコハナムグリがこぞって頭を花の中に押し込んで、たぶん花粉を食べているんでしょうね。この頃には花が少ないから貴重な栄養源なんでしょう。(写真:国内)

(4月撮影:国内)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:箱根・仙石原)

(10月撮影:箱根・仙石原)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合もあります)
オヤマボクチ ポット苗 1株

オヤマボクチ ポット苗 1株
価格:860円(税5%込、送料別)


ハバヤマボクチ     キク科  Synurus excelsus
性状:多年草
自生地:本州・福島以南〜九州
特徴など:オヤマボクチになんとなく似ているが葉の形はこちらのほうが三角形に近い。葉裏には白い産毛が生えている。花はとげ状の萼で綿毛に覆われていて先が少し開いたぐらいで、他のアザミなどのように展開というようにはならない。下の写真はまだ、蕾だがもっと開いた写真を次回は撮り納めたいものだ。(写真:国内)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(5月撮影:箱根・仙石原)

(6月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(9月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(9月撮影:山梨県)

(9月撮影:山梨県)

(5月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(7月撮影:山梨)

(10月撮影:山梨県)

(10月撮影:山梨県)

もう寒くなってきてますが、冬越しの蜜集めでしょうか?(10月撮影:山梨県)

もう寒くなってきてますが、冬越しの蜜集めでしょうか?(10月撮影:山梨県)


TOPへ     キク科