ヤブニンジン     セリ科  Osmorhiza aristata
別名:ナガジラミ
性状:多年草
自生地:北海道〜九州
特徴など:ヤブジラミに似ていますが違う植物でした。明るい林などの半日陰地に見られる。(写真:国内)
薬用として:根や根茎部分を和藁本(わこうほん)と呼び鎮痛、鎮痙、皮膚病などの目的で利用される。成分はanethole。

(4月撮影:島根県)

(4月撮影:島根県)

(4月撮影:島根県)

(3月撮影:国内)

TOPへ     セリ科(Apiaceae、Umbelliferae)     植物の写真販売中!ご指定の写真販売いたします。