表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-



ナンバンギセル     ハマウツボ科  Aeginetia indica
古名:おもいぐさ
性状:一年生寄生植物
原産地:日本全国、台湾、アジア東部〜南部など
特徴など:イネ科のススキやサトウキビなどの根に寄生する植物で、販売されているものはヤクシマススキに寄生させていることが多い。しかし南蛮の煙管とはよく名づけたものだ。種は非常に細かい。台湾を旅した時に12月でしたが草むらに何やらピンク色の花が見えて、しっかりと花を咲かせていました。異国で見るとまた感動ひとしおです!台湾で見たものは背の低いイネ科などの草が茂っている場所でした。(写真:国内、台湾)
和歌:道の辺の尾花が下の思草 今さらになぞ物か念はむ(万葉集:巻一〇の二二七〇)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)

(12月撮影:台湾)


オオナンバンギセル     ハマウツボ科  Aeginetia sinensis
性状:一年生寄生植物
自生地:本州〜沖縄
特徴など:ナンバンギセルよりも大きく、花色も濃い気がする。花期もナンバンギセルよりも少し早いらしい。写真を撮った仙石原のところではナンバンギセルの自生は無くこの種類のみとのこと。結構咲いてました。ナンバンギセル自身でさえ自生状態を見たことが無かったので、うれしかったですなぁ。感動! ナンバンギセルは萼に縞模様が入るようですがこちらは入っていません。イネ科の植物やスゲなどに寄生して育ちます。(写真:国内)

(7月撮影:箱根・仙石原)

蕾の硬い状態(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

花が見えてきました(7月撮影:箱根・仙石原)

開きました(7月撮影:箱根・仙石原)

(7月撮影:箱根・仙石原)

花が終わっています


(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)

(8月撮影:箱根・仙石原)


TOPへ     ハマウツボ科