インドジャボク   印度蛇木   キョウチクトウ科  Rauvolfia serpentina  
性状:常緑低木(非耐寒性)
原産地:インド、タイ、マレー半島など
特徴など:小さな白っぽい花を房状につけ、後に黒い実をつけます。(写真:国内)
薬用として:根と根茎からレセルピン、ajmaline を抽出し、鎮静、催眠、血圧効果、老化防止、解熱などの薬に原料にする。特に成分のひとつであるレセルピンが発見されてから注目を浴びるようになったという。一般には有毒植物である。
インドジャボク
(7月撮影:国内)
Rauvolfia serpentina
(7月撮影:国内)

(7月撮影:国内)

(2月撮影:国内)
インドジャボク


ホウライアオキ     キョウチクトウ科  Rauvolfia verticillata
性状:常緑低木
原産地:中国南部、台湾、ベトナム
特徴など:レセルピン(血圧降下作用成分)を含有する。赤い実がとても綺麗だが一般的ではない。(写真:国内)
ホウライアオキ Rauvolfia verticillata
(1月撮影:国内)
Rauvolfia verticillata
(1月撮影:国内)

(12月撮影:国内)
Rauvolfia verticillata
(12月撮影:国内)
Rauvolfia verticillata
(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)


ラウヴォルフィア・カネスケンス     キョウチクトウ科  Rauvolfia canescens var. glabera
性状:常緑低木
特徴など:インドジャボクの類縁種らしい。(写真:スリランカ・ペラデニア植物園)
Rauvolfia canescens var. glabera
(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)
Rauvolfia canescens var. glabera
(9月撮影:スリランカ)

(9月撮影:スリランカ)
Rauvolfia canescens var. glabera
(12月撮影:国内)
Rauvolfia canescens var. glabera
(12月撮影:国内)

(12月撮影:国内)

(12月撮影:国内)

(12月撮影:国内)
Rauvolfia canescens var. glabera
(12月撮影:国内)


マライジャボク     キョウチクトウ科  Rauvolfia perakensis
性状:常緑低木
原産地:マライ半島
特徴など:インドジャボクの近縁種。実は赤くならずに黒っぽい。よく見るとうっすらと白みがかっている。(写真:国内)
Rauvolfia perakensis
(1月撮影:国内)
Rauvolfia perakensis
(1月撮影:国内)
Rauvolfia perakensis
(12月撮影:国内)

(12月撮影:国内)

(12月撮影:国内)


ラウヴォルフィア・サンドウィチェンシス     キョウチクトウ科  Rauvolfia sandwicensis
性状:常緑中高木
原産地:ハワイ固有種
特徴など:マウイ島や他のハワイの島々の海抜100〜800mほどのところに分布するようです。根にレセルピンという成分を含んでおり薬用にも使われたことがあるようです。現在はどうなんでしょう?(写真:ハワイ・カウアイ島、オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)

(7月撮影:ハワイ・オアフ島)
Rauvolfia sandwicensis
(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)
Rauvolfia sandwicensis
(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)
Rauvolfia sandwicensis
(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

TOPへ      キョウチクトウ科(Apocynaceae)    植物の写真販売中!ご指定の写真販売いたします。