表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-





アジアンタム   イノモトソウ科  Adiantum raddianum 
性状:常緑多年草
原産地:熱帯アフリカ
特徴など:多くの個体差や形状があります。日本にもこの仲間が平地や山間部で自生しているのを見かけます。しだ植物は胞子でふえますが、アジアンタムも同様に胞子で繁殖します。このとき葉の裏に胞子嚢ができますが、たまに虫がたくさんついたと言う人がいますが、シダ植物特有のものなので、よく観察して欲しいと思います。(写真:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合もあります)
アジアンタム

アジアンタム
価格:1,500円(税込、送料別)


アジアンタム・クネアーツム   アジアンタム 
原産地:ブラジル、ペルー
特徴など:上記のアジアンタムと同様で一般的なアジアンタムです。もしかしたら上の写真はこちらの種類かもしれません。


アジアンタム・ペルヴィアヌム     イノモトソウ科  Adiantum peruvianum
性状:常緑シダ植物
原産地:エクアドル、ペルー
特徴など:とても大きなアジアンタム。植物園でも見られるが、最近は鉢物でも見られるようになった。触るとしっかりと固い印象がある。(写真:国内)


アジアンタム・トラペジフォルメ     イノモトソウ科  Adiantum trapeziforme
和名:ヒシガタホウライシダ、ダイヤモンドシダ
英名:Diamond Maidenhair , Giant Maidenhair
中名・中文・台灣:梯葉鐵線蕨
性状:常緑シダ植物
原産地:熱帯アメリカ
特徴など:大型のアジアンタムです高さ1mほどに育ち2〜3回羽状複葉になる。しかし、どう見ても上の種類と同じ気がする。たぶん上の写真の種類がこちらのようなのだが・・・。植物園に確認に行かねば。(写真:国内、台湾)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:台湾)


アジアンタム・カウダツム  Adiantum caudatum   クジャクデンダ
性状:常緑多年草
原産地:旧世界の熱帯域に広く分布
特徴など:葉は一回羽状複葉。(写真:国内)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)


アジアンタム・ビカラー
(写真:国内)


アジアンタム     
特徴など:上記の中の変異種だとは思うのだが・・・。(写真:スリランカ)


アジアンタムと思う。(写真:スリランカ/他)

(8月撮影:国内)

有名なシダ洞窟付近の岩壁です。(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

有名なシダ洞窟付近の岩壁です。(9月撮影:ハワイ・カウアイ島)

TOPへ     イノモトソウ科    そのほかのアジアンタム