クリ    栗  ブナ科  Castanea crenata
性状:落葉高木
原産地:日本(北海道西南部、本州、四国、九州)、朝鮮半島南部
特徴など:栗拾い、マロングラッセ、独特の花の香り(?)、焼き栗などなどキャラクターにもなるし、お菓子にもなるし、また、家具材などにも利用される重宝な樹木。栽培下では背をそれなりに低く作り、栗園(?)というか栗畑というかで作られています。実際山に行くと小さな栗が落ちていて、栽培されているものと比べると格段にサイズが違うことに驚かされます。(写真:国内)
和歌:三栗の那賀に向へる曝井の絶えず通はむそこに妻もが(万葉集:巻九の一七四五)
薬用として:葉をリツヨウと呼び媒染剤や洗浄薬として用いられている。

(6月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(3月撮影:国内)


TOPへ     ブナ科