ハリグワ     クワ科  Maclura (←Cudrania) tricuspidata
性状:落葉樹
原産地:中国、朝鮮半島
特徴など:太い幹には見られないが細い枝には鋭いとげが見られる。一見葉だけを見るとクワ科の仲間には見えない。樹皮や根を薬用に、材の部分は黄色染料として用いられています。(写真:国内)
薬用として:樹皮や根を腰痛や喀血などの治療に用いるようです。

(1月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(3月撮影:国内)


カカツガユ     クワ科  Maclura cochichinensis var. gerontogea(=javanensis)
別名:ヤマミカン、カユクニン
性状:つる性常緑低木
原産地:日本(山口県、四国南部〜沖縄)、台湾、中国南部
特徴など:他の樹木に絡んで垂れ下がっていました。黄色の染料の原料として使われています。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(12月撮影:国内)

(12月撮影:国内)

(12月撮影:国内)


TOPへ     クワ科