レンギョウ    モクセイ科   Forsythia suspensa
性状:落葉低木
原産地:中国
特徴など:春、芽が吹くころにいっせいに黄色い花を咲かせます。シナレンギョウやチョウセンレンギョウよりも花弁の先が丸い。実を漢方薬にするという。日本には江戸時代に中国より入ってきており、漢方よりも観賞用だった。(写真:国内)
薬用として:生薬名を連翹(レンギョウ)と呼び、秋に熟した実を日干しにしたものを解毒や消炎、利尿の漢方薬として使われる。

(4月撮影:国内)

(2月撮影:国内)

チョウセンレンギョウ     モクセイ科  Forsythia koreana
性状:落葉低木
原産地:朝鮮半島
特徴など:春に一斉に黄色い花を咲かせる。葉がまだ伸びる前の時期なので花がより目立ちます。レンギョウよりも花びらが長い。(写真:国内)

シナレンギョウ     モクセイ科  Forsythia viridissima
性状:落葉低木
原産地:中国
特徴など:比べてみないことには中々区別がつかないかなぁ。うまい具合にまだ、似た種類があって比べられましたとはいかないもので・・・。(写真:国内)

(12月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

TOPへ