表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中





アベリア   スイカズラ科  Abelia × grandiflora 
和名:ハナゾノツクバネウツギ、ハナツクバネウツギ
性状:常緑低木
原産地:交配種のためなし
特徴など:A. chinensis (シナツクバネウツギ)と A. uniflora (アベリア・ユニフローラ)との交配種。1880年以前に作り出されたらしいが詳細は不明。両種類とも中国産の樹木で母木は落葉性で父木は常緑性。日本には大正時代に入ってきた。分枝してよく茂るので刈り込みする場所でよく使われる。生垣や中央分離帯、街路樹の周りなど最近はよく見かけるようになりました。ほとんど病虫害がないのがいいですね。ただし新芽にはアブラムシはつきますが・・・。花期はとても長く5月頃より10月くらいまでずっと咲いてくれます。葉はつやがあり微妙に鋸歯がある。花は白花だが、最近植栽でもピンク花も見かけるようになった。(写真:国内)

アベリアの垣根

(6月撮影:国内)

”コンフェッティ”

(9月撮影:国内)

(9月撮影:国内)


ツクバネウツギ     スイカズラ科  Abelia spathulata
性状:落葉低木
自生地:本州〜九州
特徴など:山間部に生える低木。以外に花が大きい。(写真:国内)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:神奈川)

(6月撮影:山梨)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

タイワンツクバネウツギ     スイカズラ科  Abelia chinensis var. ionandra
中名・中文・台灣:台灣糯米條
性状:常緑低木
原産地:日本(九州南部〜沖縄)、台湾
特徴など:台湾や奄美諸島などに分布するアベリアの仲間。白い花がたくさん咲くのでよく目立ちます。花の後に残る萼でしょうか、名残も花のように見えます。(写真:台湾)
絶滅危惧種:CR(日本)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

花粉です

TOPへ     スイカズラ科(Caprifoliaceae)