表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中



マミラリア属  Mammillaria

タマオキナ   玉翁  Mammillaria hahniana
英名:old lady cactus , old lady of Mexico , old women cactus
原産地:メキシコ
特徴など:早春に濃いピンク色の花を咲かせます。刺よりも長く細い毛が生えています。

(1月撮影:国内)


ショウジョウマル    猩々丸  Mammillaria spinosissma cv.
原産地:メキシコ
特徴など:刺の色などで固体により名称が変わるときがあり、錦丸という種類もある。春にピンク色の花をつける。


シラホシ     白星   Mammillaria plumosa
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:羽毛のような刺をつけるサボテンで、仔吹きし群生する。ちょっと気難しいところもあり、他のサボテンと違ってあまり根を張らない。以外に戸外の軒下でも育っている。何回も腐らせているが、今育てているものは4年目。自分で育てて初めて咲いた。くー嬉しい〜。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(3月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(1月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サボテン:マミラリア 白星*幅6.5cm
価格:1500円(税込、送料別) (2018/6/9時点)


マツガスミ   松霞  Mammillaria prolifera (=multiceps?)
性状:サボテン類
原産地:アメリカ(テキサス州)〜メキシコ
特徴など:背の低い群生株に育つ。実が付きやすいのか赤い実が付いていることがある。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(8月撮影:国内)


ハクジュマル     白珠丸  サボテン科  Mammillaria geminispina
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:群生に育つサボテン。白い棘が綺麗な種類です。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)


タカサゴ     高砂   サボテン科  Mammillaria bocasana
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:花色が調べると黄色。写真は違う種類か?変種?(写真:国内)

(1月撮影:国内)


ゲッキュウデン   月宮殿    サボテン科  Mammillaria (Mamillopsis) senilis
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:白く細い刺がよく目立ち、その中から赤い花が咲く。白い刺の先端はかぎ状になっていて洋服に良くひっかる・・・。寒さに強い。かつてはマミロプシス属でしたが現在はマミラリア属に含まれています。(写真:国内)


マミラリア・セルシアナ     サボテン科  Mammillaria celsiana
和名・流通名:黄神丸
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:中棘が長くやや黄色味を帯びている。(写真:国内)

(3月撮影:国内)


キンヨウマル   金洋丸   サボテン科  Mammillaria marksiana
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:疣のよく目立つサボテン。棘は黄色で花も黄色。昔サボテンの缶詰で出てきたサボテン。なつかし〜♪(写真:国内)

(3月撮影:国内)


マミラリア・マツダエ     サボテン科  Mammillaria matudae
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:中棘が黒く身体に沿って伸びている。花色は濃いピンクです。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(3月撮影:国内)


ダンキンマル   断琴丸   サボテン科  Mammillaria vagaspina
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:ピンクの花が咲く棘に短い種類。(写真:国内)

小さいのでまだ特徴が出ていません。 (4月撮影:国内)



マミラリアの石化種

帯状に成長する綴化になっている。

TOPへ    サボテン科   マミラリア属2へ