表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中



マミラリア属  Mammillaria その3

マミラリア・デュエイ     サボテン科  Mammillaria duwei
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:淡い黄色の花をつけるサボテンで、棘は荒い羽毛状。群生する。(写真:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)


マミラリア・シュワルジー     サボテン科  Mammillaria schwarzii
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:細かい白い棘が密生する綺麗なサボテン。花も淡いピンクで綺麗です。(写真:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)


マミラリア・ルエッティ     サボテン科  Mammillaria luethyi
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:また、一風変わった感じのサボテンですが、マミラリア属のサボテンです。ちょっと育ててみたい種です。(写真:国内)

(6月撮影:国内)


ハルボシ   春星   サボテン科  Mammillaria humboldtii
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:中刺がないので表面を触ったくらいでは刺に刺さらないので触れるサボテンの一つかな。右の写真は仔吹きするタイプで姫ハルボシのようだ。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

こちらは姫ハルボシかな。 (1月撮影:国内)


マミラリア・ペレズデラトサエ     サボテン科  Mammillaria perezdelarosae
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:釣り針型のやや黒みのある緩いカーブをした刺を持つ小型のサボテン。小さな群生に育つようだ。花色は淡いピンク。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)


マミラリア・スチエデアナ     サボテン科  Mammillaria schiedeana
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:中刺がないので刺に触れてもほとんど刺されない小型のサボテン。花色は白。少しずつ仔吹きをして小さな群生株になるようだ。(写真:国内)

(1月撮影:国内)


ハクリュウマル   白竜丸   サボテン科  Mammillaria compressa
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:中刺が長いタイプもある疣がよく目立つサボテン。写真は単体だが株元から子株が出てきて群生になってくる。(写真:国内)

(1月撮影:国内)


シロナナコ     サボテン科  Mammillaria pectinifera(←Solisia pectinata)
性状:サボテン類
原産地:メキシコ
特徴など:以前は単一の属でしたが現在はマミラリア属にまとめられている。白にピンクの中筋の入る花が咲く。刺のつき方が独特です。(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)


マミラリアsp.     サボテン科  Mammillaria sp.

(1月撮影:国内)


マミラリアsp.2     サボテン科  Mammillaria sp.2

(1月撮影:国内)

TOPへ    サボテン科   マミラリア属へ