表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中



ツヅラフジ科 Menispermaceae

72属450種が熱帯〜温帯にかけて自生しており、低木やつる性のものなどがあり、薬用として利用する植物もある。


アオツヅラフジ属  Cocculus
8種が熱帯〜温帯にかけて自生する。南アメリカやオーストラリア、アジアなどに多い。日本でもアオツヅラフジが本州以南で見られる。


コスキニウム属  Coscinium
2種がインド諸島、東南アジアなどに自生する。私が見たのはコスキニウム・フェストラツムだと思うのだが・・・。


コウモリカズラ属  Menispermum
2〜4種が知られており北アメリカとアジア東部に分布している。日本にもコウモリカズラが山地に見られる。

ペリカムピルス属  Pericampylus
2〜3種が知られており熱帯アジアやインドネシア周辺域に分布する。ぺ・グラウクスを台湾で見ることができた。

ツヅラフジ属  Sinomenium
ツヅラフジのみ1種の属。中国や日本に自生する。


ステファニア属  Stephania
35種が旧世界の多く自生する。数種類が薬用として研究されており、最近塊根を見せて観葉植物としてステファニアの名前で販売されている種類もある。


TOPへ      科の検索へ