表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-
動画も配信中





ミヤマウズラ     ラン科  Goodyera schlechtendaliana
性状:常緑多年草
自生地:北海道中部〜九州
特徴など:山間部の林床に生える植物で、葉の模様に変異があり愛好家の間で栽培されている。また、これらを錦蘭と呼んでいる。(写真:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

”富士見錦”

”白牡丹”

”観月橋”

”流星”

”潮騒”

’丸姫’


キンギンソウ     ラン科  Goodyera procera
性状:地生ラン
原産地:日本(九州南部〜沖縄)、中国南部、台湾、インドなど
特徴など:ひとつの穂にこれでもかというくらい小さな花を付ける。花は咲いているのかわからないような微妙な感じがします。隣にはムカゴソウが咲いていてさらにその傍にはニラバランも育っていました。(写真:国内)
絶滅危惧:分布重要(DI)(鹿児島)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)


ツユクサシュスラン     ラン科  Goodyera foliosa var. foliosa (←commelinoides)
中名・中文・台灣:厚唇斑葉蘭
性状:地生ラン
原産地:日本(九州南部〜沖縄)、台湾
特徴など:葉の感じがツユクサだからだろうこの名前。花時でないと見過ごしてしまう・・・。台湾の陽明山では山道になどに見られ綺麗な花を咲かせていた。葉だけだとまさしくツユクサの仲間に見える。マット状に広がっている場所で花が咲いていると見ごたえがある。変種にアケボノシュスランがあり、花などに見られる産毛がないようだ。(写真:国内、台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(9月撮影:台湾)

(5月撮影:沖縄県)


ハチジョウシュスラン     ラン科  Goodyera hachijoensis
性状:常緑多年草(地生ラン)
自生地:伊豆諸島、九州南部〜沖縄
特徴など:白い模様の部分が光が当たるときらきら光って綺麗です。葉の模様は微妙に個体差があるようです。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)


カゴメラン     ラン科  Goodyera hachijoensis var. matsumurana
性状:常緑多年草(地生ラン)
自生地:九州南部〜沖縄
特徴など:母種は上記のハチジョウシュスラン。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

TOPへ     ラン科(Orchidaceae)