野生種のばら-その7

バラの品種はこちらへ    野生種-その1              


ロサ・マコウニー     バラ科  Rosa macounii
性状:低木
原産地:北アメリカ
特徴など:やや大きめの一重の花を咲かせる原種のバラです。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(6月撮影:国内)


フジイバラ    富士茨  バラ科  Rosa fujisanensis
性状:落葉低木
自生地:富士・箱根地方、中部、奈良、四国
特徴など:日本原産のワイルドローズ。特に箱根などに多い。枝をアーチ状に長く伸ばし、枝を分枝させて花をつける。5月中旬頃から咲き始める。(写真:国内)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:山梨県)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(10月撮影:山梨県)

(10月撮影:山梨県)

(10月撮影:山梨県)

(10月撮影:山梨県)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)


ロサ・モスカータ     バラ科  Rosa moschata
性状:低木
原産地:南ヨーロッパ〜北アフリカ〜中国西南部
特徴など:花は白で房咲きになる。ムスクローズとも呼ばれるばらで香りがある。(写真:国内)

(5月撮影:国内)


ロサ・モエシー     バラ科  Rosa moyesii
性状:低木
原産地:中国西部
特徴など:多くの原種が白もしくはピンクが多い中でこの種の独特の赤い色は特に目をひきますね。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)
ロサ・モエシー ’ゲラニウム’     Rosa moyesii 'Geranium'
特徴など:ハイブリット・モエシーに分類されている上記の交配種。花の色は難しいので比べられませんが、葉が少し大きいかなぁ。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)


ロサ・ムルティブラクテアータ     バラ科  Rosa multibracteata
性状:低木
原産地:中国西部
特徴など:ピンクの一重の花をつける原種のバラです。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)


ロサ・ヌトカーナ     バラ科  Rosa nutkana
性状:低木
原産地:北アメリカ
特徴など:一季咲きの一重ピンクの花。果実を収穫するために栽培されている。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)


ロサ・セリケア・プテラカンサ     バラ科  Rosa sericea pteracantha
別名:ロサ・オメイエンシス・プテラカンタ
英名:Red Wing
性状:低木
原産地:中国西部
特徴など:一番目を引くのは何といっても写真のように赤く平たく目立つ棘です。本来花は白の4弁もしくは5弁なんですが、写真を撮った時に咲いていたのは薄い黄色だったので、この種の変種の’Hidcote Gold’かもしれません。(写真:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

’Hidcote Gold’? (6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)


ロサ・ピロサ・デュプレ


ロサ・ポミフェラ     Rosa pomifera (Rosa villosa pomifera)
英名:Apple Rose
性状:低木
原産地:中央ヨーロッパ、西アジア
特徴など:明るいピンクの一重の花を咲かせます。果実は大きい。

(6月撮影:国内)


ロサ・ニティダ     バラ科  Rosa nitida
性状:低木
原産地:北アメリカ
特徴など:濃くはっきりしたピンクの一重の花を咲かせる原種のバラです。茎の刺は非常に細かい。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

TOP    バラ科   バラの品種はこちらへ    野生種-その1