表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-





トウカエデ    唐楓  カエデ科(ムクロジ科)  Acer buergerianum
古名:かえるで
性状:落葉高木
原産地:中国東南部
特徴など:街路樹、庭木、公園樹木、鉢物、盆栽などに利用され、秋の夜温が低いとき紅葉がとても綺麗。盆栽でしっかりと力強く、そして枝先が繊細に仕立てられたものは本当にすばらしい!芽吹きが良いので街路樹では思いっきり剪定されてもまた、茂ってくる。(写真:国内、中国・雲南省)

わかりづらいけど花がついています

(2月撮影:国内)

(7月撮影:中国・雲南省)

(7月撮影:中国・雲南省)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)


ミヤサマカエデ    宮様蛙手  カエデ科(ムクロジ科)  Acer buergerianum var. formosanum
性状:落葉樹
原産地:台湾
性状:トウカエデの変種で葉が丸みを帯びていておとなしい感じがする。(写真:国内)


イタヤカエデ     カエデ科(ムクロジ科)  Acer mono (spp. marmoratum)
性状:落葉高木
自生地:北海道〜九州
特徴など:葉はモミジのように深く切れ込まない。樹液をタバコの香り付けに使うとあったが、現在でも使われているのでしょうか?(写真:国内)

(1月撮影:国内)

(1月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)


オニイタヤ     カエデ科(ムクロジ科)  Acer mono var. ambiguum
別名:ケイタヤ
性状:落葉高木
自生地:北海道〜九州
特徴など:山地に生える樹木で日本固有種。別名にあるように葉の裏に産毛が見られる。(写真:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(5月撮影:国内)

(4月撮影:国内)


カジカエデ     カエデ科(ムクロジ科)  Acer diabolicum
別名:オニモミジ
性状:落葉高木
自生地:本州(宮城県以西)〜九州(中部以北)
特徴など:山地に生えるカエデ。雌雄異株。(写真:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)

(6月撮影:神奈川)

(5月撮影:山梨)

(5月撮影:山梨)

(5月撮影:山梨)

(5月撮影:山梨)

(5月撮影:山梨)

(5月撮影:山梨)

(4月撮影:国内)

(4月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)


カラコギカエデ     カエデ科(ムクロジ科)  Acer ginnala
性状:落葉小高木
原産地:日本(北海道〜九州)、アジア東北部
特徴など:カエデの葉を細長くしたような葉のカエデ。触ると以外にしっかりした堅い葉だった。(写真:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(1月撮影:国内)


ミツデカエデ     カエデ科(ムクロジ科)  Acer cissifolium
別名:ミツバカエデ
性状:落葉高木
自生地:北海道〜九州
特徴など:奥多摩で初めてみた。紅葉は見ることができなかったが新緑も綺麗なカエデ。庭木としても綺麗そうだが使われているのを見たことがないなぁ。(写真:国内)

(4月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)


ヒトツバカエデ     カエデ科(ムクロジ科)  Acer distylum
性状:落葉高木
自生地:近畿地方以北
特徴など:日本特産のカエデ。他のモミジのように切れ込みなどが無く、別の樹木のようです。(写真:国内)

(8月撮影:国内)

 

    

TOPへ     ムクロジ科   ←カエデ科   その他のカエデの仲間  カエデ