表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
野菜や漢方として
植物園へ行こう!
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
愛知県
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-



ムラサキシキブ     シソ科(←クマツヅラ科)  Callicarpa japonica
中名・中文・台灣:朝鮮紫珠
性状:落葉低木
原産地:日本(北海道〜沖縄)、台湾、中国南部、朝鮮半島
特徴など:中秋〜晩秋にかけて紫色の実を枝いっぱいにつける。春、芽が吹く前に剪定してもよほどでなければ実が楽しめるでしょう。小さく仕立てるも良し、大きく育てるも良しです。コムラサキシキブはよく鉢植えで出回ります。葉が少し堅めでムラサキシキブの葉のように先端はほっそりしません。枝葉には魚毒性があるので気を付けましょう。(写真:国内)

(3月撮影:国内)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)




シロシキブ     シソ科(←クマツヅラ科) Callicarpa japonica f. albibacca
性状:落葉低木
原産地:日本(北海道〜沖縄)、台湾、中国南部、朝鮮半島
特徴など:ムラサキシキブの白実の品種。とても白いので遠めにも良く見える。(写真:国内)

(10月撮影:国内)

(10月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)


オオムラサキシキブ     シソ科(←クマツヅラ科) Callicarpa japonica var. luxurians
性状:落葉低木
原産地:日本(東海以西〜沖縄)、台湾、朝鮮半島、中国
特徴など:濃い赤紫色の小さな実がたくさん付きます。花も普通の紫式部よりも花色が濃いように思います。切り枝として時折使われているのを見かけます。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ムラサキシキブ属】大紫式部 3.5L号ポット
価格:1058円(税込、送料別) (2017/5/22時点)



コムラサキシキブ     シソ科(←クマツヅラ科)  Callicarpa dichotoma
中名・中文・台灣:紫珠
性状:落葉低木
原産地:日本(本州〜沖縄)、朝鮮半島、中国、台湾
特徴など:鉢物で出回るムラサキシキブはほとんどがこちらの種類でしょう。小さな房で紫色の実がとても印象的。庭先に一株はあっても良い樹木だ。(写真:国内、台湾)

(6月撮影:国内)

(6月撮影:国内)

細かい産毛が散在。(6月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(8月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

(9月撮影:神奈川)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

花粉です。
他のサイトへリンクしています↓(購入したい方向け・時期により販売していない場合や表示価格の変更もあります。)


イリオモテムラサキ     シソ科(←クマツヅラ科)  Callicarpa oshimensis var. iriomotensis
性状:落葉低木?
自生地:西表島
特徴など:ムラサキシキブの仲間ですが、葉の縁の鋸歯がかなり顕著です。(写真:国内)

(5月撮影:沖縄県)

(5月撮影:沖縄県)


アメリカムラサキシキブ     シソ科(←クマツヅラ科)  Callicarpa americana
性状:落葉低木
原産地:中央アメリカ以南、メキシコ、キューバ、バミューダ周辺国など
特徴など:実が色づいていないのでどのくらい紫色になるのかまだわかりませんが、葉は大きく少し長めでした。(写真:国内)

(9月撮影:国内)

(9月撮影:国内)

ホウライムラサキ     シソ科  Callicarpa formosana
中名・中文・台灣:杜虹花、台灣紫珠
性状:落葉低木
原産地:日本(沖縄)、台湾、中国南部
特徴など:淡い紫色の小さい実を密にたくさんつけます。新芽は細かく粗い産毛のような毛が見られます。日本で販売されているコムラサキシキブのように細い枝ではなく太めのシュートのように立ち上がった枝の脇芽に花をつけ実がついていました。(写真:台湾)
絶滅危惧種:IA類(CR)(沖縄)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)

(7月撮影:台湾)


カリカルパ・ピロシッシマ     シソ科  Callicarpa pilosissima
和名・流通名:ホソバムラサキ
中名・中文・台灣:細葉紫珠、白花細葉紫珠
性状:落葉低木
原産地:日本南部(?)、台湾
特徴など:葉が柳のように細長く枝や葉には荒く産毛が生える。花色は淡い紫色だが、台湾で見たものは白花。(写真:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

(10月撮影:台湾)

TOPへ     シソ科(Lamiaceae)    ←クマツヅラ科(Verbenaceae)