ゴマノハグサ科  Scrophulariaceae

極寒地を除く世界中に約269属5100種(APG分類では65属1700種)くらいある。一年草から多年草が主で、一部低木のものがある。花は両性花で5数性を示す。葉は互生ないし対生でまれに輪生のものがある。花冠は合弁、左右相称花。この仲間にはキンギョソウカルセオラリアへーべ、トレニアなどがある。ただし、現在APG分類によりゴマノハグサ科からオオバコ科ハエドクソウ科ハマウツボ科に分けられているものがあります。徐々に変更してゆきたいと思います。

アロンソア属  Alonsoa
11種が熱帯アメリカと南アフリカに分布しています。一部の種がアロンソアの名前で販売されています。

アンゲロニア属  Angelonia
現在はオオバコ科に移っています。

アンティリナム(キンギョソウ)属 Antirrhinum
現在はオオバコ科に移っています。

アルタネマ属  Artanema
現在はオオバコ科になっています。

アサリナ属  Asarina
現在はオオバコ科へ移っています。

バコパ属  Bacopa
現在はオオバコ科へ移っています。

カルセオラリア属 Calceolaria
APG分類により独立したカルセオラリア科になっています。

カエノリヌム属  Chaenorhinum
現在はオオバコ科に移っています。

ケロネ属  Chelone
現在はオオバコ科に移っています。

シンバラリア属  Cymbalaria
現在はオオバコ科へ移っています。

デルマトボトリス属  Dermatobotrys
1種のみの属で南アフリカに自生している。花付の鉢物として冬にデルマトボトリスの名前で販売されている。

ディアスシア属  Diascia
南アフリカに約36種が自生しておりケープ州に多い。最近ディアスシアも多くの花色とタイプが出回るようになり、今後矮性種やら大輪種やらが出てくるかもしれません。楽しみな種類です。

ジギタリス(キツネノテブクロ)属  Digitalis
現在はオオバコ科へ移っています。

コゴメグサ属  Euphrasia
現在はハマウツボ科へ移っています。

グロッソスティグマ属  Glossostigma
現在はハエドクソウ科に移っています。

ヘーベ属  Hebe
現在はオオバコ科へ移っています。

リナリア(ウンラン)属  Linaria
現在はオオバコ科に移っています。

アゼナ属  Lindernia
現在はアゼナ(リンデルニア)科へ移っています。

マウランドヤ属  Maurandya
現在はオオバコ科へ移っています。

サギゴケ属  Mazus
現在はサギゴケ科(仮称)へ移っています。

メカルドニア属  Mecardonia
オオバコ科へ移っています。

ミゾホオズキ属  Mimulus
現在はハエドクソウ科に移っています。

ネメシア属  Nemesia
草本性の植物で一年性と多年性がある。65種ほど知られており南アフリカに多い。最近は一年草のものよりも宿根ネメシアのほうがよく売れているようだ。

オタカンサス属  Otacanthus
現在はオオバコ科へ移っています。

パラヘーベ属  Parahebe
現在はオオバコ科へ移っています。

プセウドリシマチオン属  Pseudolysimachion
現在はオオバコ科へ移っています。

レーンマニア属  Rehmannia
現在はオオバコ科へ移っています。

ハナチョウジ属  Russelia
現在はオオバコ科へ移っています。

スコパリア属  Scoparia
現在はオオバコ科に移っています。

ステラ属  Sutera
アフリカやカナリア諸島に分布する植物で約140種ほど知られている。鉢物としてバコパ(旧属名)が出回っている。

トレニア属  Torenia
現在はアゼナ科に移っています。

バーバスカム(モウズイカ)属   Verbascum
ユーラシア大陸に約360種ほどが自生している。特にトルコや近隣に多く、ついでヨーロッパに多い。日本にもビロードモウズイカなど一部の種類が帰化植物と定着しつつある。

クワガタソウ(ベロニカ)属  Veronica
現在はオオバコ科へ移っています。

クガイソウ属  Veronicastrum
現在はオオバコ科へ移っています。

ザルジアンスキヤ属  Zaluzianskya
55種が南アフリカなどに分布する。夜香りが漂ってくるナイトフロックスが栽培されている。


TOPへ     科の検索へ