表紙へ
園芸手帳TOP
バラがいっぱい
科で検索
学名で検索
豆知識かな
樹木の幹を見てみよう
花粉をいろいろ見てみよう
虫や病気のこと
追加・追記・更新
日本・世界のお花
アメリカ(ハワイ)
オーストラリア
中国(雲南省)
スリランカ
台湾
韓国
東京
山梨県
島根県
沖縄県
千葉県
京都府
神奈川県
静岡県
お買い物
書籍
虫篭
花見る人-Flowerwatcher-







キジカクシ(クサスギカズラ)科  Asparagaceae

6属150種が旧世界に多く自生しています。野菜や観葉植物で知られるアスパラガスが有名な科だ。
現在、APG分類によりさらに多くの種を含む科となり153属2500種となっています。ドラセナなどのリュウゼツラン科、スズラン科、コルジリネなどを含むラキシマニア科、ヒアシンス科など一度分かれて科になったものがまた、まとめられています。。今後も変更があるかもしれません。まとまってきたら亜科などの細かい分類ごとに属を表示したほうがよいかもしれません。


カリバナス属  Calibanus
2種が知られておりメキシコに自生する。日本でも多肉植物もしくは観葉植物としてカリバナス・フーケリーを時折見かける。


スキラ亜科  Scilloideae  

ボーウィエア属  Bowiea
ソウカクデンのみの1種類が南〜東アフリカに自生する。


チオノドクサ属  Chionodoxa
6種が地中海沿岸東部や小アジアなどに分布しています。球根性でチオノドクサの名前で販売され園芸で広く使われています。


ドリミア属  Drimia
100種が知られており旧世界の熱帯から温帯域に広く分布している。いくつかの属がこちらにまとめられている。日本ではカイソウや一部の種が多肉植物扱いなどで販売されている。

ドリミオプシス属  Drimiopsis
現在はレデボウリア属へまとめられています。


エウコミス属  Eucomis
10種が南アフリカに分布する。そのうち一種類が東アフリカに産する。パイナップルリリーの名で切花や花壇に利用される。


ヒヤシンス属  Hyacinthus
3種が地中海沿岸地帯、西アジア〜中央アジアにかけて分布しています。ヒヤシンスの名前で秋に球根が販売され、水栽培や花壇に植栽される。


ラケナリア属  Lachenalia
101種が南アフリカに自生している。原種のままで観賞されたり、交配種も作出されている。白〜黄色〜オレンジ〜ブルーなど花色も多い。
ラケナリア


レデボウリア属  Ledebouria
45種が熱帯アフリカや南アフリカに分布する。レ・ソキアリスが良く栽培される。


ムスカリ属  Muscari
30種がヨーロッパを中心に地中海沿岸にかけて分布している。日本ではムスカリ・アルメニクムをはじめ数種類が栽培されている。


オルニトガルム属  Ornithogalum
200種がユーラシア大陸やアフリカ大陸に分布しており、特に南アフリカに多い。観賞用や切花用に数種類が育てられている。オーニソガラム


スキラ(シラー)属  Scilla
40種がユーラシア大陸の温帯域に分布する。日本では野原などにツルボが自生している。また、園芸ではシラーの名前で球根や切花が販売されている


ウルギネア属  Urginea
現在はドリミア属(Drimia)へまとめられています。

リュウゼツラン亜科  Agavoideae


リュウゼツラン属  Agave
221種が知られており南米や中央アメリカなどに広く分布している。このアガヴェの仲間は観賞としても非常に人気が高く、日本でも多くの人が育てている。

ハナスゲ属  Anemarrhena
1属1種で中国に自生するハナスゲが知られている。日本では漢方薬を作る目的で栽培されている。


オリヅルラン属  Chlorophytum
150種が知られており、旧世界の熱帯域に多くアフリカやその周辺地域に分布する。日本ではオリヅルランがよく知られている。


ゲッカコウ属  Polianthes
現在はアガヴェ属へまとめられています。

ロマンドラ亜科  Lomandroideae

カマエキセロス属  Chamaexeros
4種が知られ西オーストラリアのみに自生しています。カマエキセロス


ロマンドラグループ  Lomandra group
ロマンドラ属  Lomandra
50種がオーストラリアやニューギニア、ニューカレドニアなどに分布しているが、そのほとんどがオーストラリアに集中する。最近はグラスガーデンなどに使われており、数種・数品種がロマンドラの名で見られるようになった。


ラキシマンニアグループ  Laxmannia group
ソウェルバエア属  Sowerbaea
5種類がオーストラリアに自生している。
ソウェルバエア


コルジリネグループ  Cordyline group
コルジリネ属  Cordyline

15種がオーストラリア、熱帯アメリカ、太平洋諸島などに自生する。観葉植物として利用されているものが多く、熱帯域の公園では色鮮やかなものや、日本ではコルジリネ・オーストラリスがコンテナガーデンや公園などの植栽に使われている。
コルジリネ


キジカクシ亜科  Asparagoideae

クサスギカズラ(アスパラガス)属  Asparagus
旧世界に約140種ほど知られており日本にも4種類自生しています。乾燥地帯に多く生える多年草で、根が膨らんでそこに栄養や水分を蓄えられるようになっている。花は雌雄異株が多く果実は液果になります。葉は退化してしており、通常目にしている葉は仮葉と呼ばれるもので枝の一部が葉の代わりになって光合成などをするようになっています。野菜の食用アスパラガスと観賞用のアスパラガスとあります。学名の由来はテオフラテスが用いた名前からきており、鋭い刺を持っている種類もあることからギリシャ語の刺す「asparasso」が語源とされている。


ノリナ亜科  Nolinoideae

ハラン属  Aspidistra
10種ほどが東アジアなどに分布する。日本ではハランが古くから育てられている。


ベアウカルネア属  Beaucarnea
ノリナ属のうちのトックリランなど数種類がこちらの属に分類されることがある。


スズラン属   Convallaria
約3種がヨーロッパやアジア、北アメリカに自生している。ブーケやヨーロッパのメイフラワーなどに欠かせないスズランがあります。スズラン


ホウチャクモドキ属  Disporopsis
6種が知られておりアジア東部〜フィリピンにかけて分布する。台湾に自生しているホウチャクモドキが日本でも一部栽培されているようです。

ドラセナ(リュウケツジュ)属  Dracaena
旧世界の熱帯域とカナリア諸島に約60種が自生する。観葉植物で利用されているものが非常に多い。
ドラセナ類


ヤブラン属  Liriope
約5種が日本、中国、ベトナムなどに自生しています。ヤブランを下草などに利用します。


マイヅルソウ属  Maianthemum
28種が知られ北半球に分布しており、ヒマラヤ〜中央アメリカにかけて見られる。日本でもマイヅルソウが山地に自生している。


ノリナ属  Nolina
30種類が北アメリカ南西部に自生する。トックリランが栽培される。


ジャノヒゲ(オピオポゴン) Ophiopogon
インドから東アジアにかけて約20種ほどが自生している。耐陰性のある常緑多年草が多い。根茎が短く多数の葉を根生する。花径には葉が無く総状花序に小さな花をつけ実をならせる。子房中位。庭園などのグランドカバーに使うリュウノヒゲなどがあります。


アマドコロ属  Polygonatum
60種が北半球に分布している。日本にはナルコユリアマドコロなどが自生する。


オモト属  Rohdea
日本と中国に1種自生する。オモトは歴史の古い観賞植物で多くの品種がある。


ナギイカダ(ルスカス)属  Ruscus
6種がヨーロッパ西部や地中海沿岸などに自生する。日本では植栽でナギイカダを利用するが切花でもルスカスの名で別種が使われている。


サンセベリア属  Sansevieria
100種以上が南アフリカとマダガスカルなどに自生している。多肉植物として扱われている。最近は空気浄化植物としてサンセベリアが脚光を浴びて、よく店頭で見かけるようになった。


TOPへ     科の検索へ

: